費用の面からも真剣に

医学部を目指す人にとって、予備校に通うというのはほぼ必須といってもいいでしょう。
日本全国にライバルが存在し、その誰もが医学部合格という目標を達成するために予備校に通い、勉強漬けの毎日を過ごすのです。
そんな中で1人独学で挑んでも、その結果は火を見るより明らかなことでしょう。
しかし、じゃあ医学部予備校に通おうと言っても、そう気軽に通うことはできませんよね。
そう、学費の問題です。
医学部予備校に通うためにかかる費用は大手予備校、専門予備校によって異なりますが、どちらにしても多額の費用がかかることは確実です。
両親に費用を出してもらうことケースが多く、どちらのタイプの予備校に通うかは家の状況によっても大きく関与してくるのです。

大手予備校の場合、かかる費用は100万円前後と言われています。
数多くの生徒を抱えることと、強大な経営力を有することからこの金額になったと思われます。
一方で専門予備校はというと、500万円前後かかると言われています。
大手予備校に比べると生徒の数も少なく、医学部のみに特化した講義内容であることからこれほどまでの費用を必要としているのでしょう。
金額だけでみれば専門予備校の方が遥かに高いのですが、これは人によって考え方が異なるかと思います。
500万円かかっても、医学部合格に特化したその手厚いサポートによって確実に合格できるなら安いと考える人もいるでしょう。
大手予備校のように年間の費用が安くても、合格できずに浪人を繰り返してしまえば総合的には専門予備校より高くなるかもしれないと考える人もいるでしょう。
この両予備校の費用に関してはみなさん思うところが違うでしょうし、冒頭でも言ったように家の状況に応じても変わってきます。
両親とじっくり相談し、どちらの予備校を選ぶのか考えましょう。
どちらにしてもその費用は紛れも無く大金です。
無駄にならないよう、本人の必ず合格するという強く明確な意思と日々の努力は怠ってはいけないのです。